お花を贈ろう|きっと喜ばれる!【敬老の日のギフトや誕生日プレゼントの選び方】

gift.choice

お花屋さんのギフトを贈ろう【知っておきたいお花を贈る際のマナー】

お花を贈ろう

フラワー

花屋を選ぶ際のポイント

大阪には沢山の花屋がありますが、どのような基準で花屋を選んでいいのかお悩みの方も多いのではないでしょうか。花屋を選ぶ際のポイントはいくつかあります。花屋にもそれぞれ個性があるので好みの花屋を探す事も大事なポイントですが、まずは花の鮮度がとても重要です。だいたいの花屋は週に約3回程、生花の仕入れをしています。そのため、常に新鮮な花が店頭に並んでいるお店はそれだけ注文が多く人気の高い花屋といえるでしょう。また、花束やアレンジメントの注文が多い花屋となると、より技術が高く専門的な知識を持ったスタッフが在籍している事が多いので安心して任せることが出来ます。技術だけではなく、スタッフの方の対応も親身に親切な接客をしている花屋を選ぶと何かあった時のアフターフォローもしっかりとしているので、花屋を選ぶ際のポイントとしてとても重要です。

贈り物に最適!アレンジの種類

アレンジメントの種類としては、生花で活けたアレンジメント、プリザーブドフラワー、アートフラワーで制作したものなどがあります。アレンジメントというとほとんどが生花で活けたものを言います。アレンジメントは季節や贈られるシーンによってお花の種類が変わってきます。母の日はカーネーションをメインに、誕生日にはその人の好きな花や季節の花を入れ、開店祝いにはアレンジメントより大きいスタンド花を贈られる方もいます。アレンジメントの種類は専門的には形によって名前が違うのですが、贈り物に最適なアレンジメントは季節に似合ったものや贈る相手の好みで選ぶといいでしょう。また、なんでアレンジが贈り物最適か?というとアレンジメントは花束とは違い、生花を専用の吸水性スポンジに活けているので花瓶の必要がなくそのまま飾れるので贈られた方の手間も少ない事が人気の理由でしょう。大阪の花屋でもアレンジメントのレッスンをしている店舗もあり、趣味として楽しんでいる方もいます。

シーンによって異なる花を贈る際のマナー

花屋で花を贈る際のマナーなんてあるの?と思うかもしれませんが、贈った花が実は失礼だった。なんて事にならないようにシーンによって異なる花を贈る際のマナーを紹介します。「一般的なお供え花はバラの花を使用しない」こちらは宗教にもよりますが仏さまに刺が立つといわれ、バラの花の象徴でもある刺を連想させ気にする方が多いのでお供え花を贈る際には注意が必要です。しかし近年ではこういった言い伝えも耳にすることも少なくなり葬儀でバラを使用する事も多くなりました。「お見舞いには根っこがついた植物は贈らない」病院や自宅で治療中または療養中の方には優しい色合いのアレンジメントや花束を贈るといいでしょう。根がついている鉢花や観葉植物は、床に根付くといわれ縁起がいいとされていないためです。また、花瓶の用意や手間がかかる花束よりもアレンジメントを贈ったほうがより喜ばれるでしょう。病院によっては生花の持ち込みが禁止のところもあるので事前に確認をすることをお勧めします。「新築祝いには赤い色の花をさける」こちらは賛否両論がありますが、赤い色は火事を連想させるため贈らない事が多いです。赤い色が好きな方や、連想を気にされない方には贈ってもいいでしょうが確認をしたほうがいいかもしれません。その他、お花を贈る際のマナーは関西の大阪と関東で若干の違いがあるのでその土地にあったマナーを花屋に聞くことがベストでしょう。

広告募集中